人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログ有楽

ブログトップ

プテラポゴン・カウデルニィー動画!

上越市水族館のプテラポゴン・カウデルニィー



プテラポゴン・カウデルニィー動画!_e0065084_18304651.jpg


最大全長8.0cm、平均的な全長は5.0cm。夜行性であるが昼間はサンゴの間を群れて漂っている。体色は尾鰭が2つに分かれる。鰭や色彩、特に白いスポットの入る水玉模様が特徴でかなり複雑な模様である。テンジクダイ科は地味な体色の仲間が多いが、本種はたいへん美しい体色である。また、特徴的な体色と姿で人気があり、観賞魚店ではテンジクダイ科のなかで良く目にする種である。本種も口内保育いわゆるマウスブルーダー(親魚が受精卵を孵化するまで口にくわえて保護する)である。そのため、夏場繁殖期はペアーで群れからはずれ縄張りを作る。卵の保護は基本、雄が行う。繁殖後雌は餌を捕食後また別の雄とペアーを組み繁殖をする。卵は孵化まで1週間掛かり、その間雄は何も口にしない。雄と雌の見分け方は、繁殖期は雌は腹に卵があると丸い体系をしているが、本種は雄も雌も姿に変化が無く見た目では判断できない。
by yuurakus | 2017-02-04 18:11 | Comments(0)